イオマンテ (iomante)

アイヌ民族のエカシ、彫刻家でもおられる貝澤貢男氏から札幌猟友会が譲り受けさせていただいたカムイを、光栄ながらも当スタジオで預からせて頂いております。

これはヒグマなどの動物を殺し、その魂であるカムイを神々の世界 (kamuy mosir) に送り帰すアイヌの儀礼、イオマンテ (iomante) で使用されたヒグマの頭骨です。

13346218_1173095699388990_6376976218157832437_o

学芸員さんによればアイヌのカムイは気難しく無い為、祀り方の厳格な取り決めはあまり気にしなくても良いとの事ですので、綺麗に整えてスタジオに展示させていただいております。

日本でタトゥーが禁じられた際には「このままではカムイの怒りに触れてしまう。どうにか日本政府に取り合ってもらえないだろうか?」と当時、日本でアイヌ研究をおこなっていたドイツ人の医師フイリップ・フォン・シーボルトにアイヌの代表者たちから直訴があったそうです。

取り敢えず自分で機織り機で手織したさおり織を捧げ祀らせて頂きました。色が加わって少し華やかになりました。

江別で福祉事業を経営されるW様、さおり織を教えて下さったさおり織関係者の皆様、遅くまで大変有り難うございました。

インスタグラムでも作品を発表させていただいております。
皆様のフォローをお願い致します!
Instagram

広告