江戸の「粋」とは掟破りの自由闊達さを重視していた事実

11143240_974007605964468_1899480071655177811_n

写真は江戸末期に刺青の下絵を描いた最初の浮世絵師と言われている、歌川国芳の作品。なぜ猫がお座敷遊びの芸事をしているのかというと、当時の幕府が民衆引き締めのために、お座敷遊びや芸事の浮世絵を刷ることを禁じたからである。国芳はそれを皮肉るかのように、人を猫に見立てて民衆の娯楽を浮世絵にし続けたのである。これは「猫なんだからOKだろ?」という具合の、あからさまな幕府に対する反骨精神を表現した浮世絵なのである。

一般には知られていないが、実は江戸期の日本人はおそらく世界でもっとも早くタトゥーコンテストをおこなった人たちである。当時の両国で「刺青会」(しせいかい)というタトゥーコンテストが開催された記録が散見されるのだ。

このコンテストで優勝したのは、陰茎の亀頭に一匹の蜂を彫った僧侶だったらしい。これは当時の江戸の庶民が、いかに好奇心旺盛で、自由闊達さ、型破りさ(かぶき者)を「粋」と賞賛する精神を持っていたのかがわかる逸話である。

現代の保守層は誤解しているようだが、実際の江戸期の着物の柄にはドクロ柄が流行したこともあるほど、江戸の「粋」とは掟破りの差別化、新規性の中から生まれていたものなのである。

11722151_986510448047517_3395628173644755442_o

 

当時の幕府は着物の柄が派手になることを危惧し、「無地しかダメよ令」を出している。仕方がないので、当時の庶民は着物の裏地に複雑な柄を施した程だ。当時も今も、幕府、政府は一貫して同じ態度だ。財政難になれば、まず庶民に質素倹約を迫る。質素倹約だけでなく風俗や文化にまで圧力を加え、さらに税の取り立てを厳しくする。現代の日本も全く同じである。

江戸期のように精神が解放されれば、すごい文化を生み出すポテンシャルが日本人には有るのに、それを阻んでいるのは文化に疎い保守的な知的層だから困ったものだ。当時の江戸でも幕府が庶民文化発展の邪魔ばかりしていた訳だから、時代が変わっても相変わらずであるな。国芳が現代の日本で生きていたら、やっぱり怒っていただろうと思うよ。