マンションの8階から飛び降りて命拾いされたお客様がファーストタトゥーに挑戦中

タトゥーは一分間に100数十回針が往復する電動式タトゥーマシーンで肌に細かい穴を開け、そこにインクを入れて行きながら彫り上げてゆきます。

こちらはマンションの8階から飛び降りて、全治3ヶ月の重症を負うのみで奇跡的に生き残ったお客様が、「これからの人生、やろうと思えば何でも出来る」というお気持ちを込めたファーストタトゥーです。

お客様曰く、「窪塚洋介は9階だったので、1階負けたんです。」

一同大笑いです。

死にかけた方は100%、生きてて良かったと後で思うそうですよ。

やはり人間は生きているだけで、みっけもんなんですね。

自分にさえ負けなければ、どんな経験も糧になりますね。

こちらで完成です。

20150606b

広告