乳がん、乳房切除で負った心の傷をタトゥーが癒す!

乳がん手術後の傷跡のカバーアップ、自傷跡のカバーアップ、様々な先天的な精神疾患へのセラピー効果、精神的なショック(PTSD)に対するセラピー効果など、タトゥーには一般の日本人の皆さんがまだご存知ない、人を癒す強力な力があります。

人は自分の姿形が変われば、気持ちも変わるからです。

乳癌で負った心の傷をタトゥーが癒やす!!乳がんを克服した女性がその肌に纏うタトゥーは想像以上に美しかった

理由は千差万別あるとして、刺青(今後はタトゥーとして統一します)の持つダークなイメージを払拭してしまうような、ある粋な使い方に賞賛の声が上がっています。

形成外科でも傷は残ります

女性が罹る癌のうち、最も多いのが乳癌だと言われています。手術にはいくつかの術式が用いられますが、患部だけを取り除く方法(乳腺だけの場合を含む)と、乳房全体を切除する方法が一般的です。そして、このどちらの手術を受けたところで、体には二度と消えない大きな傷が残ります。

出典 http://www.cancer.org

癌組織だけを切り取る方法。

出典 http://www.cancer.org

癌組織を含む乳房の全てを摘出する方法。

アメリカでは、乳房を全摘出した後の形成外科手術により、失くした胸を再構築する人がほとんどです。しかし、乳癌を克服したとはいえ、術創に心を痛める女性は少なくありません。

タトゥーを入れることで人生が変わりました

出典 http://www.allentattoo.com

乳房を再生しても心の傷は癒えませんでした。しかし、タトゥーを入れることでそれは一掃されたのです。

あるとき、アドリアナ(Adriana)という女性がタトゥーアーティスとのデイヴィッド(DavidAllen)を訪ねました。彼女の要望は、胸にある大きな傷をタトゥーでカバーして欲しいとのことでした。

客の依頼を聴いたとき、最初は戸惑いを隠せませんでした。ですが、彼女の凛とした姿を見ているうちに、プロフェッショナルとしての責任を駆り立てられたのです。そして、乳癌から生還した彼女に対して、今自分は何をすることが出来るのかを考えました。

全ての行程を終えたとき、彼女の胸には見事なまでのタトゥーが施され、それまで失われていた女性の美しさを呼び戻すことができたのです。

健常者とは立場が全く異なります

出典 https://www.youtube.com

上の女性に描かれたタトゥー。

2013年にはP.INKと題して、乳癌を克服した女性にタトゥーを描くアーティストのグループが作られました。その後はP.INK DAYとして活動を行っており、2014年には37人のアーティストと38人の元乳癌患者による、タトゥーの祭典が開催されたのです。

心の傷が消えた後には、喜びの涙が溢れてきます

出典 https://www.youtube.com

タトゥーを入れたほぼ全ての女性が、何か大きな荷でも肩から降ろしたように、涙にむせびながらアーティストに感謝の念を表します。

出典 https://www.facebook.com

傷とタトゥーが上手く融合したタイプ。

賛否両論はあるでしょうが、人生の目的はその本人が幸せを求めることです。彼女達がタトゥーを入れることで一度失った幸福感を取り戻せるなら、第三者の意見はこの際必要とはされないのではないでしょうか。

出典 YouTube

モーリーのピンクタトゥー

出典 YouTube

広告

乳がん、乳房切除で負った心の傷をタトゥーが癒す!」への5件のフィードバック

  1. 別記事にコメントさせて頂いたトコです。
    まさに私がタトゥーを入れて自信を取り戻した理由の記事です。

    私は1歳半で前方右半身を火傷で焼失してます。
    言い方は・・・ちょっと過激ですが
    右腕、右半身、右足、全てケロイドでおおわれてます。
    残念ながら傷跡が残る体質でした。ケロイド体質ってやつです。

    自我が目覚めた時には人と違う皮膚を持った子だったんです。
    幼稚園でプールの時間がある。
    皆はパンツ一丁でプールに入る。
    私だけ下着を着る。
    4歳の時自分に対する大人の目の違和感を感じました。
    それから15歳まで夏休みは全て手術でした。
    くっついた腕と体を剥がす手術、
    膨らみそうな胸とお腹を剥がす手術。
    夏休みの思い出は毎年手術ですよ(笑)いい経験ですwww

    私がタトゥーをするのに抵抗がなかったのは元々右胸は溶けてなくなってるし、
    右腕、右太ももはケロイドで醜い。
    それはあったかもしれません。

    でもね、
    ある日(ケロイドには染色を残すのが難しいということで普通の皮膚に)
    タトゥーを入れたんですよ。
    私の体に何かを入れるのに他の人より抵抗が無かったのは事実です。
    だって元々他の人より変形してるんですもんwww

    私は海が好きで
    泳ぐのが好きで。
    でもそれを見せるのがダメだと思ってた。

    ・・・・・だけどタトゥー入れた瞬間、
    ケロイドの自分の体も、
    はみ出した醜い傷跡も
    見せてもいいよって、誰かが言った気がしたんです。

    文化??的に否定されてる文化??
    に、私は救われた。

    乳がん患者さんが今を転換する気持ち。
    身を持って実感できます。

    1. 心や身体にハンディをお持ちの方も毎月のようにおいでになります。

      タトゥーには凝り固まった自分の殻を破って人の心を自由にする働きがあると思います。

      当店のお客様もみなさん「入れて気持ちが変わった。入れて良かった。」とおっしゃいます。

    2. 決して言葉では書きつくせぬ、ご自身のご経験をお書き込みいただきまして、誠に感謝致しております。

      恥ずかしながら、自分自身もスタジオを開いてからはじめて、身体の傷や心の傷を癒すためにタトゥーをお入れになる方が、こんなにも多い事を知った次第です。

      おそらく日本では、まだまだそういったタトゥーの背後までを想像出来る方が少ないと思いますので、大変参考になるご意見をいただいたと考えております。

  2. 私も、思いますが! 刺青に偏見をもっている人々が多いと思います!

    辛いですね! でも、負けません(^-^ゞ

    1. 入れてるお客様は皆さん覚悟を持って望まれておられますよね(笑 お互い頑張りましょうね!

コメントは受け付けていません。