牛のトライバルが進行中です。

前回の肩から、いよいよ佳境の肘を経由して前腕に拡大致しました。

デザイン段階で、痛みの強い肘部分を逃がすか、それともきちんと入れるかというお話をさせていただきましたが、ご本人様の強いご意向で逃がさずに行くとの方針が決まり、本日を迎えました。

肘〜前腕はかなり苦痛のポイントが多くなり、まさに「漢」のタトゥーです。

大変お疲れさまでした。

トライバル911

トライバル9112

トライバル9113