アイヌのモアレ文様のタトゥー

数ヶ月前にお入れさせていただきましたフクロウのタトゥーにアイヌのモアレ文様を追加させていただきました。お客様はツリークライミングのスキルを磨かれておられるアウトドア派の方です。

モアレ文様は永遠の意味が有り、魔除けとして珍重されていたようです。

awl&moareのコピー

 

ご先祖にアイヌの血を持つ和人との混血である道産子が、ルーツと故郷を忘れぬようにアイヌ文様のタトゥーを入れ、それを自らのアイデンティティーとして本州で懸命に働いて居ます。彼は何か悪い事をしているのでしょうか?

当店のお客様にはアイヌの血をひく方がぽつぽつとおられます。明治時代に民族特有のアイデンティティーであった刺青を国家により取り上げられ、既に彼らの親世代は独自文化をほぼ失って居ますが、その子世代である彼らは自らのルーツにリスペクトしてタトゥーを入れるのです。

moareのコピー

民族タトゥーの問題と云うと、マオリのタトゥーの入浴問題が取り沙汰されますが、皆さんは北海道のアイヌを忘れていないでしょうか?北海道にも既に純粋な意味でのアイヌはほとんど居ないと言われておりますが、道産子の中で若く敏感な世代は、失われてしまった自らのアイデンティティーを求めて、既にタトゥーをリバイバルさせる動きが出始めて居ます。

moare2のコピー

彼らアイヌと和人の混血である現代の末裔がタトゥーを入れ、それを隠さねばならないとしたら…..

そもそも日本人の祖先である縄文人と、北海道のアイヌ人のDNAはほぼ同じで有ると考えられている訳ですから、全ての日本人にアイヌ人のDNAも含まれて いると考える事が出来るのです。遠い昔に混血しているのです。

タトゥーカルチャーの復活は当然の流れです。