LOSE YOUR SELF

スタジオをはじめるときに、このPVの「やろうと思えば何だって出来るんだ」という最後のリリックにはホントに励まされました。

当時はつなぎのスキーパトロールの仕事中に労働事故で背骨を圧迫骨折、左肩の腱板損傷した数年後。まだ傷も十分に癒えておらず体中が痛くて、施術室の工事の力仕事も休み休みおこなうしか有りませんでした。

身体に自由が効かない中、施術室の床張り用に資材屋さんから納品された大量の分厚いイタリア製陶磁器タイルの山を見て絶句した記憶が有ります。

その脇では、まだ2歳の息子が状況も解らず無邪気に遊んでいました。

お陰さまで、スタジオはなんとか続いています。

毎日のようにファンタジーメイクやタトゥーのお客様が喜ばれる姿を見て、やっぱり信念を貫き通し行動して良かったなと思っています。