当店のバックグラウンド

本日は当店のバックグラウンドの部分を皆様にお伝えさせていただきたいと思います。

当スタジオオーナーの父は全日本社会人ボクシング選手権大会で3度のチャンピオンに輝いた強豪ボクサーでした。

 全日本社会人ボクシング選手権大会とは、日本ボクシング連盟(JABF)が主催する社会人ボクシングの大会です。

キャビネットの中から出てきた表彰状の数々です。

_DSC0006

■第8回 昭和32年(1957年)2月1日~2日/神奈川・横浜市

ウエルター級チャンピオン 茂野貞夫(東京・パンアメリカン航空所属)

■第10回 昭和33年(1958年)11月22日~23日/東京

ウエルター級チャンピオン 茂野貞夫(東京・笹崎ジム所属)

■第11回 昭和34年(1959年)12月12日~13日/東京

ウエルター級チャンピオン 茂野貞夫(東京・笹崎ジム所属)

現役時代には日活映画に人気絶頂だった赤木圭一郎氏の相手役ボクサー役で出演しました。

ちなみに全日本社会人ボクシング選手権大会のチャンピオン出身で最も有名な日本のボクサーが辰吉丈一郎氏です。
         ここで秘蔵写真のホンの一部を公開させていただきます。
              俳優の宍戸錠氏と父(右側)
1941507_739284956103402_7896231067760098907_o
        俳優、歌手の石原裕次郎氏 ファイティング原田氏と父(一番左)
1909231_739285036103394_6225985414372747780_o
     女優 吉永さゆりさん ファイティング原田氏、そして父(一番右)
10010010_739284899436741_3919798498183762153_o

当スタジオの彫師、デザイナーは、この不屈の精神力にリスペクトし、日々皆様に喜ばれるタトゥー制作に誠意を持って全力で取り組んでおります。

タトゥー、刺青とは、1度入れたら一生消えないものです。

ですからこそプロとして適当な仕事やいい加減な仕事は絶対に致しませんし、デザインの作り直しはお客様のご要望に応じて何度でもおこないます。お値段以上のご満足をいただけるように最大限の努力を続けてゆきます。

日々を懸命に生きる人々をタトゥーとファンタジーメイクによって全身全霊で応援し続け、ファッションタトゥーが一日も早く、この日本で偏見をぬぐい去れるよう情報発信をおこなってゆきます。