Slipknotのコリー・テイラーがポール・グレイのメモリアルタトゥーを

こちらはアメリカのケーブルテレビで放送されているタトゥーのリアリティー番組、NY inkのビデオです。

Slipknotのフロントマンであるコリー・テイラーが今は亡きポール・グレイのメモリアルタトゥーを入れます。

途中で奥様が登場し、コリーがポールの事を思い出して泣き出してしまいます。これがメモリアルタトゥーというものです。このようにタトゥーの背後には個々のやりきれない想いが有るのです。

わざわざ痛い思いをして入れる訳ですから、ただお金さえ出せば手に入るファッションとは違う性質を含むものが、現代のタトゥーなのです。