虚空蔵菩薩を一体追加させていただきました。

_DSC0114のコピー左側の色の濃い部分が今回追加させていただきました虚空蔵菩薩です。こちらは国宝の実物を忠実に再現させていただいております。

仏像のコピー仏様を刺青で描く習慣は我が国に古くからございます。江戸時代には「武家彫り」と言って、刀傷から身を守るために武家の次男坊などの間で大流行していたそうです。

中世の日本では主に密教僧が仏像の刺青を好んでいたようです。

おそらくタイ等、南国の仏教僧に見られるサクヤンなどの仏教刺青の流れの文化だと思われます。

広告