和彫りとは少し違ったアプローチのブラック&グレーで龍を彫らせていただきました。

お客様は東京の美容師さんでした。

最近の若い日本男性は日本の伝統文化に誇りを持ち、それにリスペクトした美意識を持っている方が多くなりました。

服装は既に完全な洋装になってしまいましたが、どこかに自分が日本人で有る目印を無意識に付けたくなるのかもしれません。